連日連夜の違法花火にうんざりしている、コロナ禍での夏のつぶやき

NY方丈記
スポンサーリンク

独立記念日の花火

花火は夏の風物詩ですが、NYCでは、毎年7月4日の花火大会、”Macy’s 4th of July Fireworks“があります(Macy’sというデパートが主催)。アメリカの独立記念日を祝うものなので、Times Squareでのカウントダウンとおなじで、全米中にTV中継されるほどの規模です。

続くコロナ禍の今年は、規模を小さくして催すようです。観衆を一か所に集めないようにするため、5日間に渡り、NYCの各5 Borough (区)で順番に、一晩づつ花火を打ち上げていくそうです。

6/29の月曜日から約5分づつ。場所は直前に公表。6日目は独立記念日当日で、ジョン・レジェンドと一緒にフィナーレをお祝いだそうです。

違法花火 on the block

同日、一部のストリートで打ち上げ花火をする人たちもいます。ブルックリンに引っ越してきてからは、毎年「今年もやってるな~」とこちらも風物詩。

実はNYCでは、個人で花火をすることは違法なのです。日本ではコンビニでも売られている手持ち花火でさえも!

なのに、7月4日は近所でパンパンと連続して花火が打ち上げられているわけです。


でも、その日の違法花火は、「独立記念日だししょうがねーなぁ」とか、「うちからだとMacy’s の花火は見えないから、こっちの花火が見れてちょうどいいや」みたいな、許容ある態度で過ごしている人たちが私を含め多数と思われます。

暴徒たちの連夜の打ち上げ花火

しかし、この、2~3週間、毎晩、この花火が鳴らされているんです。最初はうちの近所だけかと思っていたら、ニューヨーク中で行われているようで。

数日で終わるかと思いきや、なかなか終わらない。今週で3週間目くらいに突入しているのではなかろうか。

抗議デモに紛れて悪行を働いていた暴徒たち。彼らの一部がこっちで”遊び”始めたのではなかろうか。しかも、打ち上げられている花火が結構本格的。あんなのどこで手に入れてんだ、と思うくらいの大きい打ち上げ花火。

当然空が暗くなってから花火が開始されるのですが、現在のニューヨークは、夜9時頃に空が暗くなります。その時間帯から、夜中の1~3時くらいまでなり続けるのです。

らいさわ
らいさわ

毎晩毎晩、、、、まじで勘弁してくれ~~~

ある日、うちのビルか真隣のビルの屋上で打ち上げられていた日がありました。

大きな花火を打たれるたびに、うちの駐車場に停められている数台の車の防犯アラームが鳴りだすものだから、その夜が眠れなくて一番辛かった😭

If we can’t sleep, you won’t sleep

毎晩の花火で、わたしのように眠れず怒っているニューヨーカーたちが、何もしてくれない市長の官邸に集まり、車のホーンを鳴らし続けて抗議したのはちょっと面白かったです。

”市長さん。私たちが眠れないんだから、あんたも眠らせないよ!”

さすがに現在は、花火を売らせないように取り締まっているみたいです。

けど、昨晩も今まで通り、打ち上げられていたよね~😭

7月4日で終わってくれたら嬉しいかな~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました