Juror Qualification Questionnaireが届いた! 英語が分からなくても、アメリカで陪審員になれる? 

アメリカ ニューヨーク 永住権 陪審員 NY方丈記
スポンサーリンク

米国永住権(グリーンカード)を取って8年目。ついに私の元にあれが届きました。

「あれ」とは、

ニューヨーク州 キングスカウンティ アメリカ 陪審員 質問票 Juror Qualification Questionaire


「Juror Qualification Questionnaire」です。
「陪審員資格質問票(アンケート)とでも訳しましょうか。

アメリカ国民・有権者には陪審員として出廷する義務がある

The Big Ben

元々イギリスの植民地だったアメリカ。
一般的な慣習法としてイギリスで生まれ、国王の権限を制限する意味合いを持つようになっていたコモン・ロー(Common Law)

らいさわ
らいさわ

細かいことは難しくてわかりませんので、もっと詳しく知りたい方は、ウィキのコモン・ローのページを読んでくださいね

アメリカの陪審員制度はそこから継受された制度で、王政ではないアメリカでは、政府の権力を監視する意味合いがあるそうです。

アメリカ国民の有権者であるならば、ランダムに陪審員として選ばれることがあります

らいさわ
らいさわ

アメリカの法制度を理解したいなら、ドラマ「LAW&ORDER」を見るのがてっとり早そうです

Jury Dutyで仕事を休んでも、給料は出る

陪審員として裁判に出廷することをJury Dutyといいます。

Jury Dutyは国民の義務であり、会社を休んでも、勤めている会社または、給料が払われない場合は、州が払ってくれます。

2021年5月現在、NY州では、1日$40(約4000円)が支払われます。

日本人でも、アメリカの陪審員になれるの?

アメリカ国籍を取得した元・日本人(日本は二重国籍を認めていないため)で、有権者であるならば、陪審員として出廷できる可能性はあります。

上記の通り、ランダムに選ばれなければいけませんし、実際に陪審員としての資格があるかも問われます。

わたし自身は、法的にアメリカ滞在を認められている永住権保持者(Permanent Resident)なだけで、アメリカ国民(Citizen)ではありません。当然、有権者でもありません。

なのに今回、「Juror Qualification Questionnaire(陪審員資格質問票)」、届いたのです。

らいさわ
らいさわ

なぜ?

陪審員資格質問票は誰に届く?

この「Juror Qualification Questionnaire(陪審員資格質問票)」が届く可能性があるのは、

陪審員資格質問票が届く可能性のある人
  • 選挙に行った人
  • Department of Motor Vehicles(運転免許センター)に登録した
  • 税金納めた
  • 何かしらの社会保障制度を利用した
  • 失業者リストに載った

以上に当てはまった人のうちから、ランダムにこの質問票が届くそうです。

今回、わたしにこの質問票が届いたのは、「選挙に行った人」以外すべて心当たりがあります。

例えば、留学や駐在で一時的にアメリカに住んでいる方でも、DMV(Department of Motor Vehicle:運転免許センター)で車の免許を取得すると、届く可能性があるということになります。

陪審員資格質問票は、10日間以内に返信

「有権者」ではないと、陪審員になる義務はないのですが、この質問票の冒頭に「The law requires you to complete this questionnaire.」「respond within 10days.」とあります。

「このアンケートに答えるのも法律で決まってることなんだからね! 10日以内に返事してね!」と言われています。

この質問票を受け取った時点で、陪審員資格の有無は関係なく、即返事しないといけないのです。

スポンサーリンク

陪審員資格質問票に回答し、送る方法

以下の方法から、選んで質問に回答することができます。

質問票の回答方法
  • インターネットで質問に答える
  • フリーダイヤルにかけて、答える
  • 届いた質問票に回答し、自分で切手を貼り、郵便で送り返す
らいさわ
らいさわ

当然、インターネット!

Juror Qualification Questionnaire(陪審員資格質問票)の質問&解答例

いきなり届いたんだけど、英語がわからない! という日本人の方の参考に、インターネットでの返信方法を記しておきます。

ニューヨーク州 陪審員資格質問票の質問1

インターネットで返信する場合は、はじめに、自分の情報を引き出さなければいけません。

ニューヨーク州 アメリカ 陪審員 質問票 Juror Qualification Questionnaire 日本語 訳

Juror Index Numberは、郵送されてきた質問票に、自分の氏名・住所の下にバーコードと数字(NYSは9桁)が印刷されてあるので、その数字をそのまま入力します。

Name Verificationは、姓を最初の3つのアルファベットを入力。
「YAMADA」なら「YAM」。

「Submit(提出)」を押すと、個人情報が表示されます。
よく確認して、自分の情報が表示されていれば、「この情報で間違いないですか?」に対し、「YES」を押します。

ニューヨーク州 アメリカ 陪審員 質問票 Juror Qualification Questionnaire 日本語 訳

この質問表は、自分に送られたものです(Me)、自分以外(Someone Else)と確認されます。
Meを押します

ニューヨークでは、英語が全く出来ない人も多いです。
英語が読める家族や友人に代理で頼む人も多いので、このような質問があるのですね。

このあと、自分のEmail、電話番号、誕生日を入力し、質問1は終わりです。

ニューヨーク州 陪審員資格質問票の質問2~7

簡単に日本語に訳すとこのような感じ。

陪審員資格質問票の質問2~7 日本語訳
  • 2.英語が理解でき、英語でコミュニケーションがとれますか?
  • 3.アメリカ国民ですか?
  • 4.Kings County(ブルックリン)の住民ですか?
  • 5.18歳以上ですか?
  • 6.重罪を犯したことがありますか?
  • 7.過去6年間で、陪審員としてNY州または、連邦裁判所に出廷したことがありますか?

以下は、わたしが実際に回答した質問と、回答です。

ニューヨーク州 アメリカ 陪審員 質問票 Juror Qualification Questionnaire 日本語 訳
YESは「はい」、NOは「いいえ」です

各質問に対する回答は、各自で違うと思いますので、らいさわの答えを丸写しでなく、質問をよく読んでから答えてくださいね。

* 万が一、らいさわの解答を参考にしながら入力した結果、間違った回答をされたとしても、責任は負いかねます。

証拠となる補足書類を送りなさい

以上のように提出したら、「アメリカ国民でないことを証明する補足書類のコピーを送りなさい」と表示されました。

ニューヨーク州 アメリカ 陪審員 質問票 Juror Qualification Questionnaire 日本語 訳

このメッセージは、登録したEmailアドレスにも届きます。

非米国民証明に有効なもの
  • 現在のビザ
  • パスポート
  • グリーンカード
  • EAC(雇用許可証)

アメリカに滞在しているステータスにより、提出書類が変わってきます。

郵便局にわざわざ出向くのも嫌だったので、The Commissioner of Jurors (陪審委員)にEmailしたら、

非米国民証明をするために提出する書類はEmailで送って良いと言われました。

セキュリティーが不安だったので、期限が切れた日本のパスポートを送りました。

すぐに返事が来て、資格がないことを告げられました。

さいごに

今回わたしのもとに届いた「Juror Qualification Questionnaire」は、アメリカ国民の義務のひとつ、陪審員として裁判に出廷する資格があるかを確認する質問票です。

陪審員として出廷するには、アメリカ国民で有権者でなければいけません。

わたしのような永住権保持者だけでなく、アメリカに留学しにきている学生さんや、駐在員の方にも届く可能性があります。

アメリカ国民でない場合は、そのことを証明する書類を提出しなければいけません

移民が多いという国柄、英語ができない人も多く、アメリカ国民であっても、英語で行われる裁判に、英語の理解力・コミュニケーション能力があるかの有ることも資格のひとつとなっています。

⁎ 本記事に載せてある記事の内容・情報は、今後は状況により予告なく変更になる可能性があります。最新情報・詳細は必ず各自でご確認ください。

* Screenshots were taken from nyjuror.gov when the author was completing the Juror Qualification Questionnaire.

コメント

タイトルとURLをコピーしました