Rotisserie Chicken(ロティサリーチキン)でおもいだす かわいい男の子

ロティサリーチキンNYで留学生
スポンサーリンク

こんにちは! らいさわです。
前回の記事「Rotisserie Chicken」(丸焼きローストチキン)のことを書いたら、
思い出したことがあるので、今日はそのことを。

清水玲子先生の漫画に出てきそうな美少年

昔、ニューヨークの英語学校でちょっとしたボランティアをしていたことがあります。
そこで知り合った、ウクライナだかベラルーシだったか・・・元ソビエト連邦だった一国から移住してきた男の子と仲良くしていた時期がありました。

ニューヨーク絵日記エッセイ 美少年に出会う

らいさわは、男女問わずキレイな人、絵を見ているだけで気分が高揚します。

らいさわ
らいさわ

思わずため息が漏れるほど美しい絵を描かれる清水玲子さんの「月の子ーMOON CHILD」の舞台はNYよん❤

最初は英語もままならぬ状態で、話せる英語もロシア語なまりが激しかった彼ですが、日常会話ができる程度の英会話術はすぐに取得。同じころには、別の個性も現れてきました。

NYCに来てからのカミングアウト

カミングアウトした友達
らいさわ
らいさわ

LGBTQサポーターの多いNYCに来て、ようやくカミングアウトできたんでしょうかね~

美しくて、変化も楽しい若者であったので、見ているだけでとても楽しい日々でした。

今日のランチはなに食べる?

ある日、ボランティアをしていた日のこと。
わたしの元に、彼がスーパーマーケットの袋を引っ提げてやってきました。

漫画エッセイ 美少年のランチ


ちょうどボランティアも終わる時間だったので、学食のテーブルに一緒に座りました。

まさかの 「Rotisserie Chicken」(ロティサリーチキン)。

ロティサリーチキン
彼の食べていた、スーパーマーケットで売っているRotisserie Chickenはこんなに大きくないです

鶏一匹丸焼きローストチキンを、ランチとして買って来てたのにはびっくりしました。

わたしが肉をたくさん食べない人間というのもあるだろうし、
ひとりで食べる(ちょうだいと言えばくれましたが)、
学食で、
こんなきれいな男の子が(これはわたしの勝手な妄想のせい)、
鶏一匹まるごと食べてる衝撃。

驚きを隠せずについ「すごいね」と言ったら、

「サラダバーより安いのよ~。ウフフ」

と、おばさんのわたしがいつも言ってるようなこと言ってました。
ほんとうに、かわいくて面白い子でした。

らいさわ
らいさわ

バレー男子と言えば、ジョージ朝倉さんのダンス・ダンス・ダンスールもめっちゃ面白いです!! 流鶯(キャラクターのひとり)が美し~~~。

Little Life Lessons

日本にいると、つい人目を気にしがち。
他の人がしてないから自分もしちゃだめだ、と同調行動してしまうことが多いです。

ニューヨーカーたちは、周りの人と違っていることが当たり前
「~を一緒にしなきゃいけない」という同調圧力みたいなものは感じません。
したいならすればいいし、したくないならしなくていいよ、的なノリ。

だから、わたしも日本にいる時より、人目を気にしないし、したくないならしなくていい、という気持ちでいられるので、そういう類のストレスは大変少ないです。

彼との話をもうひとつ書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました