プログラミング教育のねらいとは何? STEM/STEAM教育とは違うの? 

こどもの学習と遊び
スポンサーリンク

2020年より日本の小学校では、プログラミングが必修科目となったそうですね。

ヨガママ
ヨガママ

プログラミング教育ってなに? 小学校にわざわざ組み込むほどの教科なの?

らいさわ
らいさわ

身構えなくても大丈夫。プログラミングのコードを0から書いてプログラミングするという内容ではないから!

 ⚞  このような方への記事です  ⚟ 

日本の義務教育でプログラミング教育開始 ねらいとは?

小学校教科書 

日本の小学校から、プログラミング教育が必修になったと聞いて、日本文部科学省の「小学校プログラミング教育の手引(第三版)」に少し目を通してみました。

プログラミング教育と聞いて、プログラミング言語の取得をつい想像してしまいがちですが、

言語取得が目的ではなく、あくまでプログラミング的思考」(論理的思考)の取得が狙い。

子供達に各教科の学習を支える基礎:「情報活用能力」と呼ばれるものを構成する資質・能力を身につけさせましょう、ということ。

情報活用能力ってなに?

Bulb Photo by Daniele Franchi on Unsplash

疑問に思ったのは「情報活用能力」ってなに?ってことなんですが、手引きを見ると、こんな感じ。

「情報活用能力」ってなに?
  • 現代の身近なものにはコンピューターが活用されていることに気づき、操作する能力
  • 問題が起こった場合、広い情報知識・技術を用い、手順を踏んで解決していける能力
  • 便利なコンピューターを使ってより良い生活・社会を創るために創意工夫を図る態度・姿勢

例えば・・・

「ヘイ! Siri」でiPhoneに質問して、右から左に聞き流すのではなく、そこにはコンピューターが組み込まれていることを理解し、問題なく操作できるようになる。

Siriがはじき出す解答と、それ以外で学んできた他の情報・知識を元に分析し、問題解決したり、自分の考えをはっきりと言えるようになる。

さらによりよい社会にする・ものを作るにはどうしたらいいのか、論理的に考え、行動に移すことができる子供達になって欲しい

日本での「プログラミング教育」の狙い・・・「願い」はこのようなことかなという感想です。

プログラミング教育とSTEM(STEAM)教育の違い

STEM、STEAM教育とは?

LEGOブロックと算数

STEMとはScience, Technology, Engineering, Math(科学・工学・技術・数学)を総括した教育方法

STEM教育は最近は「アート」(芸術・リベラルアーツ)の頭文字Aを追加し、STEAM教育と呼ばれることもあります。

STE(A)Mとは、国際化・IT化の進んだ社会にすぐに順応・実践できるような資質・能力を身につけさせようとする21世紀型の教育方法です。

ビッグテックをはじめとしたアメリカIT企業で働いている人たちが実は外国出身者ばかりだったので、

アメリカ国内では、これからさらに発展するIT・国際化に対応できる人材を育もうと、
オバマ大統領だった頃からSTEM教育が推し進められました。

現在では各教育機関でのSTEM教育方針がだいぶ固まっている印象です。

Heads-up!

リベラルアーツは、日本語に訳すと「一般教養」。社会に出ていくのに必要とされる知識、技能を学びます。大学では、専攻に限らず必須科目です。

Heads-up!

ビッグテックは、ビッグフォー、ビッグファイブ、GAFA、GAFAMなどとも呼ばれます。世界に影響を及ぼすと言われているアメリカの巨大IT企業Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftのこと。

ニューヨークでSTEAM教育をうけるむすめちゃん

うちのむすめちゃんは、実際に4~5歳の頃から学校でSTEAM教育を受けています。

コンピューターラボでコンピューターの使い方を習ったり、タイピングしたり、ゲームをしたり。
さんすうでレゴとそっくりなブロックで数の数え方などをならい、
英語(国語)で世界的な科学者たちの偉業を学んだり、発言させられています。

STEAMでは、それぞれの教科で子供達に必要な知識を学せ、考えさせて、解決に向かわせます。グループワークも多いです(パンデミック前)。

ママ
ママ

授業中は先生の話を黙って聞け!って言われて、ノートを取って、テストのためにひたすら知識を詰め込んでた私たちの教育法とは明らかに違うね!

おうちでできるプログラミング教育にはなにがある?

コードオーグ

子供の時の失敗はかわいいけれど、大人になっての失敗は辛い😭

計画性のない親を持って失敗ばかりしているわたしを反面教師として、
むすめちゃんには、事前に細かいところまで計画・設計でき、先のことがある程度予想できるような、論理的思考のできる大人になってほしい!

と願ってます。

プログラミング教育もSTEM教育も目指すところは同じ

結局、STEAM教育と目指すところは同じですよね。

これからの子供達に、幼い頃からコンピューターの使い方を教え、これからのIT社会に対応できる技術をつけさせる。

また、子供達が現在または将来取り組む課題に対し、創造性のある計画・設計ができ、問題が起こっても、解決に向かわせる自主性・知識を育むお手伝いをしましょう、

というのがSTEAM教育とプログラミング教育のめざすところだと思いました♪

⁎ 本記事に載せてある記事の内容・情報は、今後は状況により予告なく変更になる可能性があります。最新情報・詳細は必ず各自でご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました