ヤマト運輸国際宅急便の送り状とインボイスの記入の仕方

ヤマト運輸国際宅急便の送り状とインボイスの記入の仕方日米をつなぐお役立ち
スポンサーリンク

日本に住む家族が、2020年の8月にヤマト運輸さんの国際宅急便を使って、日本からニューヨークに荷物を送ってきてくれました。

その時の送り状とインボイスを使っての実際の記入方です。

このような方への記事です 

ヤマト運輸・国際宅急便の送り状&インボイスの記入のしかた

これが実際に使用した送り状&インボイスのコピーです。

▲ 上部が送り状、下部がインボイスです。

① お届け先

郵便番号必須です。

日本でも常識にはなってきていますが、これがあればかなりの場所まで絞り込まれます。

あとは住所は通常と同じですが、英語で記載するのを忘れずに😄 

② ご依頼主

ここも同様です。ちなみに日本の国番号は『81』

電話をかけるときには最初の『0』をとります。

例えば090-XXX…→ 81-90-XXX…となります。住所も英語で書いておくと丁寧ですね。

③ 署名

日本語の署名で大丈夫です。

④ 品区分

『書類』か『書類以外』で区別します。

『非書類』にチェックを入れて、次の⑤~⑦へ。

⑤ 関税等諸費用の支払い方法

どんなものであっても、輸出入になりますので、場合によっては関税や消費税などが発生することがあります

それらが発生した場合、送り主が払うか受け取る側が払うか、どちらかにチェックを入れます。

どちらかにチェック
  • 相手に負担してもらう場合には、(1) お届け先払い
  • 自分が負担する場合には(2)ご依頼主 後日精算

どちらかを選んで、チェックを入れましょう。

発生した場合にはあとから連絡が来ます。
実際の払った額(関税、消費税など)に、手数料1650円が載せられてあとから請求が来ることになります。

スポンサーリンク

⑥ 品名

送るものが一つ以上の場合には、メインのものを記載しましょう。

⑦ 品物価格

この後の荷物のトータルの金額(⑬総合計の)を円建て(JPY)で記載します。

⑧⑨⑩⑪⑫ 品名、原産国、数量、単価、合計

送り状&インボイスに、送るものを英語でひとつずつ記入。今回はギフトだし、スペースを節約するためにすべて開封して詰め込みました。

”原産国”は商品のタグに記載されているMade in XXの、”XX”を確認し、可能な限り記入してください。

最近はいろんな国のものがあるので結構面倒ですが、必須です。

数量と単価を掛け算すると合計になるように記載していきます。

ヤマトさんのページにも記載がありますが、定価通りに書く必要はありません。(定価の40%くらいと書かれていますね😀)

0円ではだめですが、(何かあった時に保障されませんが、)ギフトなので比較的低めに見積もってよいでしょう。

ここでサンプル品をよく1USD(米国ドル)とか5USDとか記載されているのを見かけますね。

あと関税がかかるものには気をつけましょう。
海外旅行に行って税関でひっかかるものを思い出してくださいね。

⑬ 総合計

上の①単価と⑫合計、そしてここでの総合計の単位は合わせましょう。

日本円や米国ドル、もしくは送り先の貨幣でも大丈夫ですが、⑦と合わせることを考えると円(JPY)が便利ですね。

⑭ 総重量と正味重量

梱包を含めた重さと中身だけの重さ。このあと営業所で測るのが一番確実なので、空欄にしておきましょう

⑮ 有償か無償か ⑯ 署名

③と同様、署名します。

個人でモノを売買する以外は無償でよいです。

わたしたちの場合は、さらに『GIFT(贈り物)』にチェック。

ヤマト運輸国際宅急便の送り状とインボイスの記入の仕方・コツまとめでした

以上、ヤマト運輸さんの国際宅急便を利用して、日本からアメリカに荷物を送った時の、送り状とインボイスの記入方法・コツでした。

こちらの記事は参考に書きましたが、送り状&インボイスの作成は個人の責任でお願いします。

⁎ 本記事に載せてある記事の内容・情報は、今後は状況により予告なく変更になる可能性があります。最新情報・詳細は必ず各自でご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました