NY現地情報記事は、らいさわNYブログへどうぞ

ヘンプミルクを味見してみた! ビーガン、マクロビオティックにもOK

ヘンプミルクを味見してみた! ビーガン、マクロビオティックにもOKNY方丈記
AD

いきなりですが、らいさわは多分「乳糖不耐症」持ちです。

牛乳が大っ好きなんですが、最近はいわゆる普通の牛乳は飲まなくなりました。

とにかくいろんな「ミルク」を片っ端から試しているので、せっかくなので連載してみます。

第1回目は「ヘンプミルク(HEMP MILK)」です。

「乳糖不耐症」(Lactose intolerance)とは

「乳糖不耐症」(Lactose intolerance)とは

連載第一回目は、まず、わたしが普通の牛乳を飲まなくなった原因「乳糖不耐症」について少し触れさせていただきますね。

自分が「乳糖不耐症」(Lactose intolerance)なのではと疑い始めたのは比較的最近です。40歳目前の頃だったと思います。

仕事中、オフィスでおならが我慢できずに出ちゃってたんです、頻繁に。過敏性腸症候群持ちでもあるし、産後だし、と軽く考えていたんです。

でもね、ある日、会社でコピーを取ってる時。誰もいないからいいや、と便秘でもあったその時におならをしたら、えらい臭いのが出たんです。

そんな時に同僚が近くを通ってしまい、わたしがおならしたと絶対バレた!

穴に入りたいくらい恥ずかしくなってしまい、対処法をインターネットで検索しまくったんですよ。
それで行き着いたのが「乳糖不耐症」だったんです(元々過敏性腸症候群持ちなことは前提で)。

乳糖不耐症とは、消化酵素のラクターゼの欠乏により乳糖が消化できない状態のことで、下痢や腹部のけいれん痛を起こします。(中略)乳糖は、牛乳や乳製品で主に含まれている糖で、小腸の内層の細胞で産生されるラクターゼという酵素により分解されます。ラクターゼは糖の複合体である乳糖を、ブドウ糖とガラクトースという2つの成分に分解します。この2つの単糖は腸壁から血液中に吸収されます。ラクターゼが欠乏していると、乳糖を消化吸収できません。その結果、高濃度になった乳糖が小腸に水分を引き寄せ、水様性下痢を起こします。その後乳糖は小腸を通過して大腸に入り、細菌によって発酵されてガスが生じ、ガスによって鼓腸、腹部膨満、腹部けいれん痛が起こります

出典:「乳糖不耐症」MSDマニュアル家庭版 | Accessed on 09.17.2022(EST)

「乳糖不耐症」は、歳をとると乳糖を分解するラクターゼが減少していくために子供の時はなんともなかったのに大人になってから発症するという情報も読みまして、これはほぼ確定。

試しに、毎日コーヒーに入れてがぶ飲みしていた普通の牛乳を、乳糖なし牛乳「Lactoce free Milk」に変えてみたのです。

おならが止まったんですよ!!

こりゃ間違いないと確信しまして、以来、それ以外に選択肢がないという場合を除き、普通の牛乳は飲まなくなりました。

わたしの住むニューヨークシティは、最新の流行がいち早くキャッチできる土地でもありますし、ベジタリアンも大変に多い。普通の牛乳からその他のミルクに変えるのはとても簡単でした。

製造会社、お店によっても品揃え・味が違うので、代替ミルクを色々と試してみることは楽しい趣味になっています。

ヘンプミルク(HEMP MILK)とは

ヘンプミルク(HEMP MILK)とは

今回の代替ミルク味見レポは、ヘンプミルク(HEMP MILK)

ニューヨークでは「Plant-based」商品がここ数年ずっと流行中。
動物性のものの代わりに植物性を使う・食べる、ということです。

さらに大麻が合法化される動きとも相まってCBD関連商品も流行中。
そんな中のヘンプミルクはまさにうってつけ。

そう、ヘンプ(Hemp)は「麻」です。

麻の実(Cannabis sativa plantの Hemp Seeds/Hemp Hearts)から作った飲み物を一般的にヘンプミルクと呼びます。

らいさわ
らいさわ

ハイになる成分カンナビノイドはCannabis sativa plantの花の部分に多く含まれているので、Seeds/Heartsから作るヘンプミルクでハイになる可能性はほぼないそうです。ご安心を!

AD

ヘンプミルクの効能は? 飲むことのメリットはある?

ヘンプミルクの効能は? 飲むことのメリットはある?

乳糖不耐症をはじめ、ナッツアレルギー、ソイアレルギーなど気にせず飲めるのが良いですね。

普通の牛乳に比べて、ヘンプミルクはカロリー、タンパク質、炭水化物が少なめ。他の植物性ミルクに比べて、タンパク質と健康に良い脂質、そして体を作る必須のアミノ酸が含まれています。

多くのヘンプミルクには、オメガ3とオメガ6をはじめ不飽和脂肪酸が含まれています。これらは人間の体内では作られない、食べ物を通じて人が摂取しなければいけない必須脂肪酸です。

一般的に、ヘンプミルクを飲用することで、骨粗しょう症・心臓病・認知症・皮膚炎の予防、免疫力向上、アンチエイジングなどに効果があると言われています。

ヘンプミルクを飲むことのデメリットはある?

まれに麻アレルギーがある人がいるそうですが当てはまる方は、飲まない方が良いでしょう。

日本では、定期的に購入するには、まだまだ敷居の高いお値段のようです・・・。

ヘンプミルクはどこで買える

ヘンプミルクはどこで買える Trader Joe'sのHEMP Beverage
アメリカのスーパーTrader Joe’s(トレジョ)で売られているヘンプビバレージ

わたしの住むニューヨークシティ、ブルックリンには、ビーガン、ベジタリアンなどが多く、彼らが好む食材、飲料の品揃えは豊富です。

ほとんどの食材店で代替ミルクを置いていますが、ヘンプミルクはまだ見かける可能性は低いです。

わたしはTrader Joe’sで買いました。「Hemp Beverage」として売られていました。

ヘンプシードと水以外の原材料があるため「Milk」ではなく「Beverage」となっていると思われます。

日本では店舗でのヘンプミルクの購入は難しそうですが、オンラインなら即買えます。

また、ヘンプミルクの原材料、ヘンプシードならナチュラルフード、オーガニックフード、タイミングが良ければコストコ、カルディなどの輸入商品を多く取り扱うお店で見つけられるかも!という現状のようですが、こちらもオンラインで買うのが手っ取り早いでしょうね。

ヘンプミルクの味・見た目は?

ヘンプミルクの味・見た目は?
普通のミルクに見える

* わたしが飲んだのは上記の、Trader Joe’s(トレジョー)で売られている「Hemp Beverage」だということをご理解ください。各製品により味が違うと思います

見た目はなんの変哲もない普通のミルク。

しかし、何も知らずにそのまま口に入れると、牛乳ではないと気づき、軽く「麻」の風味がします。

ココナツミルクのような、舌にまとわりつくような舌触りがします。

コップに入れてしばらく置いておくと、少し分離します。

わたしの感想としては、行ったお店に「ミルク」がこれしかない、という場合にのみ買うでしょう。そのくらい「麻」の味が気になります。元々「牛の乳」が大っ好きだし、そこまで健康に気を使っている人間でもないので。

ヘンプミルクを使ったビーガン・バナナ・デーツマフィン
ヘンプミルクでビーガンマフィンができた

買ってはみたものの、もう飲みたくないな、余っちゃったな〜って困ってたんですけど、

余ってたデーツでバナナとくるみのマフィンを焼いたんですが、残りのヘンプシードを使うことで、立派なビーガンマフィンになりました。

ヘンプのにおいも全く気になりませんでした!

AD

ヘンプミルクの作り方

ヘンプミルクの作り方 ヘンプシード

ヘンプシードさえ手に入れられたらヘンプミルクを手作りするのはとても簡単。

ヘンプシードと水を、ブレンダー(ミキサー)にかけ、液体になるまで待つだけ。

ブレンダーにかけるだけのヘンプミルク

その後、舌触りがサラッとした舌触りが欲しい方は濾しましょう。

手作りヘンプミルクに必要なもの・基本材料
  • 殻付きヘンプシード 100g
  • 水 1リットル
  • 高機能ブレンダー(ミキサー) *固体を液体にできるブレンダー

ただし、一緒に混ぜるものが水だけだと、あまり美味しくないようで、オプションとして以下のような材料を加える方々も多いみたいです。

手作りヘンプミルクのオプション材料
  • 甘味料(メープルシロップ、ハチミツ、デーツ など)
  • バニラエッセンス
  • お好みでココア、ベリー系、抹茶 などの風味付けもOK

まとめ

わたしの場合は「乳糖不耐症」のため、飲んでみただけなのですが、その他「ベジタリアン」、「マクロビオティック」、「ナッツアレルギー」、「豆アレルギー」、「プラントベース」、「ケト(Keto)」など、牛乳やナッツ・豆類のミルクさえも飲めない(飲まない)方々のうち、本当は牛乳が飲みたいんだ〜! と思っている方々に是非ともおすすめしたいヘンプミルクです。

⁎ 本記事に載せてある記事の内容・情報は、今後は状況により予告なく変更になる可能性があります。最新情報・詳細は必ず各自でご確認ください。All information on this web site is subject to change without notice. Reasonable efforts are taken to ensure the accuracy and integrity of all information provided here, but the author/administrator of this website is not responsible for misprints, out-of-date information, or errors.

コメント

タイトルとURLをコピーしました