ストレス発散グッズとしても効果あり? 早期幼児教育センサリートイ6選

ストレス発散グッズとしても効果あり? 早期幼児教育センサリートイ6選こどもの学習と遊び
スポンサーリンク

こんにちは~。らいさわ(@ryesour)です。

センサリートイという言葉を使っていたら、人によってはあまりなじみのない言葉だと聞いたので、センサリートイについての記事を書いてみることにしました。

この記事では、我が家のむすめちゃんとわたし自身が親子で気に入ったセンサリートイもご紹介します。

このような方への記事です

センサリートイとは? ねらいはなに?

センサリートイ(Sensory Toy)は、アメリカの早期幼児教育や発達障害の疑いのある子供たちに与えられるおもちゃとしてとても有名です。

具体的にどのような効果があると言われているのか?

センサリートイは、感覚機能・五感に刺激を与え、脳の発達に良いといわれている

センサリートイは、人を含む、動物に備わっているとされる感覚・知覚機能を刺激し、幼児の脳の発達に良いとされています。

感覚・知覚機能とはいわゆる五感

感覚機能の五感
  • 視覚
  • 聴覚
  • 触覚
  • 嗅覚
  • 味覚

センサリートイを英語で書くと「Sensory Toy」。

「Sensory=感覚・知覚機能の」、「Toy=おもちゃ」です。

乳児の頃からセンサリートイに触れさせることで、脳成長を促し、賢い子供にさせるというねらいがあります。

集中力を高めたり、鎮静作用があるとも言われているセンサリートイ

注意欠如多動の子供達にも、

集中力を高める効果や、興奮やストレスに対する鎮静作用があるとも言われています。

センサリートイにはどのようなものがある?実際に良かったおすすめ6選

具体的にセンサリートイと言われるものにはどのようなものがあるのか。

わがやのむすめちゃんがハマったものをご紹介します。

プッシュポップ、ポップイット(Pop It Fidget Toy)

呼び名がいくつもありますが、とりあえずここでは「プッシュポップ」で。

この数か月ほんとうに流行ってます。

もちろんライアンも遊んでいます

個人的には、何が楽しいんだと思うんですが、むすめちゃんによると、

むすめちゃん
むすめちゃん

It’s just fun!(楽しい)

だそうです。

ハンドスピナー(Fidget Spinner)

一時期大流行しましたね~。

我が家にもあって、むすめちゃんも時々回しては、じーーーっと見てます

最近では、フィジェットおもちゃの2大人気・プッシュポップハンドスピナーがひとつになったものあります。

フィジェットおもちゃとは、注意力が散漫しがちな子供・大人に集中力を高めたりストレス発散に効果があると言われています。

「フィジェット」とは、英語で「Fidget」。
日本語訳では「そわそわ」「もじもじ」など。

子供にも大人にも指先でペンをくるくる回す人がいますけど、同じですよね。

落ち着くんでしょうね。

フィジェットキューブ、インフィニティキューブ

フィジェットおもちゃ」としては、らいさわが個人的にイチオシなのは、インフィニティキューブ

むすめちゃんがギフトとしていただいたんですが、ルービックキューブかと思いきや不思議なキューブ!

星の形になったり、キューブになったり、色が揃ったり揃わなかったり

どうなってるんやねん!! と、40歳過ぎたわたしが、つい、モゾモゾと指を動かしてしまいます。

大人の方にもおすすめです。

STEAM教育にもよく使われる教材! スライム

子供達が大好きな遊びの鉄板と言えば、やはりスライム!

マンハッタンには、Sloomoo Institute、別名スライム・ミュージアムなるところもあります。

手作りでも簡単に作れますし、立派なSTEAM教育の教材になります。

砂遊び・キネティックサンド・粘土

ニューヨークの公園・校庭には、滅多に砂場がありません。

幼少時代、砂遊びが大好きだったわたしは、自分の子供にもその楽しさを知って欲しいと、室内で使えるキネティックサンドを購入して遊ばせています。

キネティックサンドは触り心地が独特な砂で、手にまとわりつくようでいて、つかない。
おうちで使えて、片付けも楽です。

個人的には、二重丸なセンサリートイです!

大きな箱にキネティックサンドと、砂遊びグッズ(小さなコップなど何でもいい)を一緒に入れてあげると、子供達はその感触の違いを楽しんだり、砂で何かを創作することで創造性も自然と手に入れることができます。

センサリーバッグ、センサリーボトル

おうちにあるものでも、簡単にセンサリートイを作ることができます。

一番手軽で人気なのは、センサリーバッグとセンサリーボトル

モンテッソーリ教育で考案され、元々はメイソンジャーに入っていたようです。

センサリーバッグは、漏れ防止がされているジップロックなどのバッグに、さまざな大きさ、かたち、固さ、色のものなどを入れてあげます。

子供(特に乳児~幼児)は自分で触ることで物や物の性質を認知できるようになることが期待されています。

センサリーボトルは飲み終わったあとのプラスチックボトルなどに、液体と、ボトルを上下逆さにしたり、振った後の浮遊の様子、色の変化などが楽しめるものを一緒に入れます。

こちらは、中身には触れることができませんので、視覚で楽しむことを第一に考えて中身を入れます。

まとめ

感覚機能・五感に刺激を与え、脳の発達に良いといわれている早期幼児教育おすすめしたいセンサリートイをまとめてみました。

ストレス発散・興奮しがちな子供の心を落ち着ける作用があるとも言われています。後者の作用が強いものは「フィジェットトイ」とも呼ばれます。

子供はもちろんのこと、ストレスを強く感じながら生きている大人の方でも試してみたら、心を落ち着く効果がみられるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました