アメリカからも登録できた! 国際郵便マイページサービスパソコン版の使い方

アメリカからも登録できた-国際郵便マイページサービスパソコン版の使い方日米をつなぐお役立ち
スポンサーリンク
 ⚞  このような方への記事です  ⚟ 

国際郵便(小包)を日本から海外・アメリカに送る手順

らいさわが日本から国際郵便(小包)送ってもらうのに、おすすめする手順はコチラ。

国際郵便(小包)を送る手順
  • STEP 1
    荷造り前に、国際郵便の基本を確認

  • STEP 2
    荷造りの見積もり・準備

  • STEP 3
    「国際郵便マイページサービス」で入力し、必要ラベル書類を作成

  • STEP 4
    セブンイレブン&FUJI XEROXの「かんたんnetprint」で必要書類を印刷
  • STEP 5
    郵便局窓口で送る または 集荷をお願いする

この記事では、この手順表の

ステップ3:「国際郵便マイページ」で入力し、必要ラベル・書類を作成

について触れています。

ステップ1、2&5につきましては、こちらの記事をお読みください。

「ステップ4:セブンイレブン&FUJI XEROXの「かんたんnetprint」で必要書類を印刷」についてはこちらをどうぞ。

国際郵便(小包)を送るステップ3:「国際郵便マイページサービス」で入力し、必要ラベル・書類を作成

「国際郵便マイページサービス」パソコン版に登録する

まずは日本郵便局の提供する「国際郵便マイページサービス」に登録します。
無料です。

国際郵便マイページ 登録方法
言語切り替えボタンは右上にあります

登録は、「荷物を送る人」(日本在住)が登録する仕様。

わたしの場合は、「荷物を送る人」である、母(=日本の実家)の情報を登録していきました。
ただし、Emailアドレスは、らいさわ本人のEmailアドレスを使いました。

なぜなら、登録直後に、このEmailアドレスに仮登録するためのリンク付きのEmailが届き、24時間以内に本登録しなければいけないからです。

らいさわ
らいさわ

時差もあるし、すぐチェックできる自分自身のEmailにした方が手っ取り早いからです。

国際郵便マイページ 新規登録
この下にアンケートなどがありますが、必須ではないので、省いております。
スポンサーリンク

本登録完了後にログインして、依頼主と届け先を登録・選択する

Emailに届く仮登録リンクをクリックして、本登録を完了させます。
これで「国際郵便マイページサービス」でのログインができるようになります。

国際郵便マイページ ログイン方法

ログインに成功すると、メインメニュー画面が表示されます。

「お知らせ」には目を通しましょう。
コロナ禍の現在は、特に、「最新の差出可否情報」をチェックが必須です。

国際郵便マイページ メニュー

最新の差出可否情報」にて、送りたい荷物が送りたい国・地域に送れることを確認したら、

下部の「オンラインシッピングツール」内の「送り状を作成する」をクリックします。

国際郵便マイページ 送り状作成 依頼主

「ご依頼主を選択する」という画面になりますので、登録画面で「依頼主=差出人」となる荷物を送る人(日本在住)(わたしの場合はらいむぎ母)の情報を入力していきます。

登録時に入力した情報とほぼ同じですが、この画面では、英語で入力することが必要になります。

国際郵便マイページ 新規 依頼主 登録

電話番号は、日本国内での番号が
「011-111-1111」なら、
「+81-11-111-1111」と入力しましょう。
+81(”プラス”も必須です)は、日本の国番号です。

「届け先」(わたし自身)も同様に登録していきます。

国際郵便マイページ アメリカ 住所 入力の仕方
アメリカは、United States of America が正式名称なので、「U」から始まりますよ

これで、

「ご依頼主」リストの中にはらいむぎ母(日本在住)の情報、
「お届け先」リストにはらいむぎさわこ(アメリカ在住)の情報、

「アドレス帳」に登録されました。

次回以降は、選択するだけで自動的に情報が出てきます。

国際郵便マイページ アドレス帳
スポンサーリンク

「国際郵便マイページサービス」で、内容品の登録をする

ここが一番大変でした。

国際郵便マイページ 発送種別 発送方法

今回の種別は「国際小包」、発送方法は「船便」です。

らいさわ
らいさわ

「種別」「発送方法」についてわからなければ、「小形包装物」の記事を参考にしてくださいね

物品リストは早めに作成しましょう

今回のらいむぎ家では、あれもこれも入れよう…とAmazonや楽天、Yahooなどで買って届け先を実家にし、全てをらいむぎ母のもとに集めていただけでした。

いざ段ボールに詰め、書類を作成するときに分かったのは、合計の重さのみ

1月1日から義務化の始まったアメリカへ送る荷物の通関電子データ送信
送信しなければいけないデータのうち、「内容品の情報」を全く集めていなかったのです。

結局、荷物をすべて掘り返してもらい、らいむぎ母が一度手書きでリスト化。
それをLINEで送ってもらいました。
大変な手間だったので、ぜひ早めに取り掛かっておくことをおすすめします

早めに集めておいた方が良い情報
  • グループ分け ***
  • 内容品名(必須)
  • HSコード (個人は入力の必要なし)
  • 原産国コード(可能な限り入れましょう)
  • 1個あたりの重量(可能な限り入れましょう)
  • 数量(必須)
  • 単価(必須)日本円JPYがデフォルト(初期設定)で入力されています。 
スポンサーリンク

グループ化を勧めた理由

ステップ2の「荷造りの見積もり・リストを作る」の項にて、

グループ分けしておくことをおすすめしました。

というのは、国際郵便マイページサービス・パソコン版で、一度に登録できる品数は最大20個 60個に増えています(2021年5月29日現在)

60個に増えています(2021年5月29日現在)。

このとき、送ってもらう荷物の品物は20個どころでは済まなかったんです。

21個目からはどうすればいいのか質問しようと、日本郵便局のお問い合わせ電話に国際電話をかけたんです。そしたら…

らいさわ
らいさわ

海外からの電話は繋がりませんでした

この時点で既にうんざり。
開き直り、20個のグループにまとめました。

例えば、

国際郵便 わかめ のり こんぶ
  • Wakame Seaweed(わかめ) x1
  • Kelp (昆布)x1
  • Nori Seaweed または Algae (海苔)x1

があったとします。
これら、英語にしてグループ化すると、

「Seaweed」x3

らいさわ
らいさわ

アメリカ人は基本的に海藻を食べないので、これらの区別なんてつきませんから!

そんな翻訳レベルでグループ化していき、物品数を減らしました。
結果、無事20個に収めることに成功したのでした。

Heads-up!

入力できる項目は60個に増えているようですが、グループ化できるものは、まとめた方が絶対楽です。実際に荷物は届いています

お下がりの洋服や実家で取れた乾燥たけのこなど、価格のつけられない(価値のない)物も、0ではなく、値段をつけましょう
わたしは各1円にしました。

危険物の確認

内容物の入力が終わると、危険物が入っていないかを確認して、チェックマークを入れていれなければいけません。

この確認は、ステップ1で終わらせておくべきなのですが、意外と忘れがちなものに、バッテリーが入ったおもちゃなどがあります。
バッテリーはすべて抜かないといけません。

疑われそうなものには、危険物が入っていないことを、ひと手間かけて内容物リストに追記しておきましょう
以下、参考例を挙げます。

らいさわが、入っていないことを追記したもの
  • 「Toys」(おもちゃ)→
    「Toys (No Battery, No Paint Thinner)」
    (バッテリー、シンナーを含まず)と追記
  • 「Skin Lotion」(化粧水)→
    「Skin Lotion (No Alcohol)
    (アルコールを含まず)と追記

このように「内容品名」のところに書いておくと明確になって、通関がスムーズになります。

「国際郵便マイページ」にはデータが残っているので、追記は簡単でした。

らいさわ
らいさわ

「人生ゲーム」を送ってもらったんだけど、念のため「No battery」と書き加えました!

「国際郵便マイページサービス」で発送情報の登録をする

各荷物に合わせて、必要な発送情報を入力、選択していきます。

国際郵便マイページサービス 発送情報登録のしかた
参考に、らいさわが実際に入力していた画面はこのような感じ

上記のスクリーンショットは、例として載せているだけです。
各自、送り人・荷物によって入力内容は違ってきます
落ち着いて、確認・選択しながら入力していきましょう。

オプションの保険をつける

上記のスクリーンショットにはチェックマークが付いていないのですが、わたしは保険を付けます。

らいさわ
らいさわ

らいさわは大体いつも「2万円までは補償される保険」をつけるので、保険400円を追加で払います。

このように入力します。

オプションの受け取り通知をつける

受け取り通知も付けました。
いわゆる書留。
この「受け取り通知」オプションを付けた結果がどうなったかは、こちらの記事に追記してますので、良かったら読んでくださいね。

インボイス印刷指定

わたしたちのように個人間での贈り物であれば、「規定枚数印刷」でよいです(初期設定で選択されています)。

アメリカの船便の場合は、3枚:送り状(CP72)、税関告知書(CN23)、送り主控え(CP72のコピー)の3枚が、自動で作成されます。

らいさわ
らいさわ

国際郵便物の「種別」によって、作成される書類・枚数が違います。
送り主は「規定枚数印刷」設定にしておけば、自動で印刷されるので、特に気にする必要はありません。

その下の欄も「無償」を選び、何も記入しなくて良いです。

その他オプション

配送ステータスなど、残りのオプションも、各自で決めてください。

国際郵便 通知 Email ステータス
配送ステータスは指定したEmailアドレスに、このように届きます

このあと、入力した内容の確認画面が表示されますので、穴があくほど見て確認しましょう。

国際郵便マイページサービスパソコン版で送り状印刷

お家にプリンターがある方は、そのままおうちで普通用紙に印刷してOKです。
その場合は、ステップ5(別記事に飛びます)に進んでください!

おうちにプリンターがない方は、PDFで保存します!

国際郵便 送り状 ラベル 印刷

指示された印刷ボタンが出てきたら、「PDF保存」を選び、自分のパソコンに保存します。

国際郵便 ラベル PDF 保存
プリンター出力から、PDF出力に変更する
保存後、ファイル名も念のため変えておきましょう ー> デフォルトは「EMS」になってます

これで一連の「国際郵便マイページサービス」での作業はおしまいです。

おうちにプリンターがなくてPDFで保存した方は、続けてこちらの記事を読んでくださいね。

⁎ 本記事に載せてある記事の内容・情報は、今後は状況により予告なく変更になる可能性があります。最新情報・詳細は必ず各自でご確認ください。

⁎ 日本からアメリカに送る荷物を基に書いています。送り先の国・地域により、国際郵便の条件は違いますので、詳細は各自で事前に確認してください。

*本記事のスクリーンショットは、主に日本郵便局の「国際郵便マイページサービス」より参照させていただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました